伊勢神宮,参拝方法,その1

伊勢神宮の参拝方法その1

2013年の伊勢神宮は、20年に一度の式年遷宮を迎えて、お伊勢詣りが大変話題を呼んでいますね。

 

私達日本人の「心のふるさと」とまで言われる伊勢神宮は、長い歴史と伝統のある日本でも有名なパワースポットです。特に今年は、意識して伊勢神宮の参拝をとお考えの人も多くいらっしゃると思いますが、では、このお伊勢詣り、どのように行えばいいのでしょうか。

 

基本的な参拝方法

ここでは、基本的な参拝方法についてお話していきたいと思います。

 

やはり一番最初は、伊勢神宮を知ることから始めましょう。

 

伊勢神宮の中心は、内宮と外宮のふたつがあります。お伊勢詣りというと、一般的にはこのふたつを回り、内宮の御祭神は天照大御神(とようけのおおかみ)です。この神様は、日本人の総氏神であるといわれている神様です。そして、外宮のご祭神は、豊受大御神(とようけのおおみかみ)です。この神様は、天照大御神のお食事を司り、産業、食事に関係した神様です。

 

この、内宮・外宮を中心に、それそれの別宮、摂社、未社、所管社と呼ばれる宮社が存在し、これら全てを合わせて125社の総称を、伊勢神宮というのです。内宮、外宮に属する宮社の中でも「別宮」は、例えるならばそれぞれの分家のような存在で、各の高い存在です。お伊勢詣りの際は、別宮は、ぜひ訪れていただきたい場所です。

 

伊勢神宮の参拝は、先に外宮、次に内宮といった順序で回るのが正しい参拝の仕方です。それぞれの場所では、ご正宮から参拝するようにしましょう。